スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮内膜症と戦う~子宮内膜症の治療について~

2008年10月08日 20:00

絵文字名を入力してください前回の内容絵文字名を入力してください
1「子宮内膜症と戦う~発症前~
2「子宮内膜症と戦う~発症~
3「子宮内膜症と戦う~子宮内膜症とは~

*******************************

治療には大きく分けて3種類あります。
1.薬物治療(主にホルモン治療)
2.手術治法(保存手術・根治手術)
3.対処療法(鎮痛剤や漢方等)


1.薬物治療について
薬物治療って聞くとなんだか恐ろしいイメージですが、
ここでも3種類に分かれます。

a.強い薬剤の短期治療としてダナゾール、
GnRHa剤(スプレキュア・ナサニール・リュープリン・ゾラデックス)等、
非常にきつく高価な飲み薬・注射・点鼻スプレー
b.強い薬剤の低用量長期治療(ほとんど使われません)
c.弱い薬剤の長期治療(低用量ピル・黄体ホルモン)

そして、このaこそが本当に恐ろしいのです。(詳しい症状は次回お伝えします)


aのダナゾール、GnRHa剤は非常に強い薬であるため、添付文書には
6ヶ月以上の使用の安全性はない
と書かれています。

そのいっぽう、cの低用量ピルは年単位の連続使用ができ、
副作用はこれらの薬よりはるかに軽く、費用も自費で圧倒的に安いです。

GnRHa剤(スプレキュア・ナサニール・リュープリン・ゾラデックス)」
非常に強力な作用で閉経状態にしてしてしまうので、
卵巣機能低下による更年期様症状がほとんど出ます。

特に骨量の低下がよく起こり、半年後には5~6%も下がる薬もあり、
回復には個人差があります。
注意20歳前後までは体の成長途中なので、骨への影響はひどくなりがち)

また血管にコレステロールが溜まりやすくなり、血圧も上がりやすく
うつが出ることも多く、これらが使用後も残ってしまう人もいるそうですsn
また最初の1~3週間には、フレアーアップといって病気を進める可能性のある期間があります。

低容量ピル」の副作用としては、
最初に吐き気や胸が張ったたり頭痛が起こりやすいと
言われていますが慣れればたいてい収まります。

体重はほとんど増えません。
副作用とは別に、3週間使って1週間休む間に、少量の消退出血があり
通常の生理よりずっと少ないですが、不要の子宮内膜を落とします。


続きを読む前に
それぞれポチっと一押しお願いします
絵文字名を入力してください






そして薬物治療は何をどう使っても、子宮内膜症を短期に一時的に緩和するだけです。
注意薬剤を使って排卵を止めている期間と、終了後に排卵が戻ってくるまでの期間)


これは医療的にも世界中でとっくに証明済みのことなのに、
日本の医療ではほとんどの人がまず強い薬物治療を受け、
どうしようもなくなってきた場合に手術を受けてきた
そうです。

そして、結局お腹の中の状況が進みすぎて(癒着)、
効果的な手術ができなかったという状況におちいっています。


治療は、医療者の詳細な説明と助言をもとに、患者が選択することが理想です。
子宮内膜症は慢性疾患なので、それをもつ女性の長い人生を考えた計画でなければ、
その場しのぎになってしまうからです。



私もその一人でした汗;;

特に治療の選択肢もなく、医者からほぼ一方的に薬物注射の治療を言い渡され、
きちんと理解し勉強不足だった自分にも責任がありますが、
患者も医者に任せきりになるのではなく、
しっかり病気と向き合わないといけないと身をもって感じました。

次回はその実体験についてお話させていただきますアップロードファイル


~続く~








スポンサーサイト


コメント

  1. うーら | URL | iEGEcxfk

    Re: 子宮内膜症と戦う~子宮内膜症の治療について~

    Lilyさんこんにちは!
    女性は知っておかないとこわいですよね。
    ピル、ずっと服用してたのですがここ数年はやめています。
    やはりきちんと自分で知識をもつことが大事ですね♪
    とっても勉強になりました~!
    感謝のぽちっとしていきます☆

  2. まさ | URL | -

    Re: 子宮内膜症と戦う~子宮内膜症の治療について~

     リリーたんへ

     私自身はもちろん使ったことがないのですが
     治療で スプレキュアを使ってた女性を
     思い出すだけで つらいキモチがします
     記事にあるとおりフレアーはおこってましたね
     短期間での体重増加・不快感・イライラ・・・
     おまけに薬とても高いし・・・
     もっともっと前向きに治療開拓をすすめるべき
     分野のひとつと思ってます。。。
     そうそう医者の治療計画のコンセプトは
     絶対知っておかないとね  ^^b☆

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. ラムちゃん | URL | -

    Re: 子宮内膜症と戦う~子宮内膜症の治療について~

    おはよ~

    やっぱり知識を持つことって大事だねー!
    私まったく知識ないから、
    少しは勉強した方がいいよね・・・
    ちょっと勉強になったよ♪

    ぽちp

  5. ナナ | URL | -

    Re: 子宮内膜症と戦う~子宮内膜症の治療について~

    女性の病気って怖いよね~
    しっかり自分の体のこと
    知っておかないとね!

    (*σ´д)σ凸

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://otonalady.blog87.fc2.com/tb.php/61-7cdea331
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。